採用情報

RECRUIT

欲しかったのは自分への誇り。自分が作ったものを家族にも知ってもらえる。

一村 延宏(機械設計エンジニア)

大手自動車メーカーで働いていましたが、「自分が作った」と満足感を得られる仕事ができず、モノづくりの面白さを感じられなくなったため転職をすることにしました。

パーソルテクノロジースタッフを選んだのは、大手で安心感もありましたし、面接で採用担当の中西さんに「一緒に働きましょう!」と猛プッシュされたから(笑)。結果的にいい会社に就職できたと思っているので、中西さんには本当に感謝しています。

入社して良いなと思ったのは、エンジニア一人ひとりの希望や要望を聞いて、実現しようと動いてくれることです。例えば、就きたい案件に対し現時点でスキルが足りていない場合でも、その案件に就くためには今後どうしていったらいいかを一緒に考えてくれます。また全く違う分野への挑戦も歓迎してくれますし、「違う案件を担当したい」という希望も叶えてくれます。

私は前職では自動車内部の部品を作っていましたが、目に見える外側の部分を作りたいと思っていました。今はその希望も叶えてもらえたおかげで、子どもたちに「パパがここを作ったんだよ」と言えるようになったんです。自分が作ったものを家族に自慢できるなんて、エンジニア冥利に尽きる仕事をさせてもらえているなと思います。